余白時間

好きなものはカゴ、珈琲、布団。小さな暮らしにあこがれて、小さな町に小さな家を建て約10年。心軽やかにシンプルになりたい。

少ない服で暮らす 少なくしてさらに素敵なワードローブ作りとニットの難しさ

こんにちは余白時間。

 

自分的にはだいぶ絞ったワードローブ。

現在は24着です。

sumikachang.hatenablog.com

sumikachang.hatenablog.com

ここまで絞るとイマイチだなぁと思う服がすごく際立って見えてくるのだという発見をしました。

まさに少数精鋭にしたからこそきちんと1着1着にフォーカス出来る事を体現出来たのは大きな経験です。

 

今回は2着、断捨離します。

断捨離というか子どもにお下がりでもらってもらえることに♪

若い子は何を着ても可愛くなるので、うらやましいです。その方が服も喜ぶと思います♪

 

ニット2着

f:id:sumikachang:20191216101620j:image

ペルーニットと、アクリルのニット。
f:id:sumikachang:20191216101624j:image

どちらも気に入ってヘビーローテでしたが、自分的にはっきりイマイチな部分が分かったので手放します。

ペルーニットは難しい!あたたかいのかなぁと思ったけれど意外とそこまでそうでもなかった…

なのに厚みがあるので着る時期を限られてくるなぁ。

 

ニットは難しいお洋服ですね。しかしニットは大好きなお洋服です。

地元でニットの産業が盛んな土地にいた事もあり、ニットのお洋服はとても身近なものでした。

今のようにニットは安価なものでなく、素材もウールなどの天然素材のものが多かったように思います。寒い土地ではニットは冬の大切なアイテムでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

現在では毎年冬になるといろんなブランドからありとあらゆるニットが出ますが、その中で自分にとって最適なニットを探すのにはすごく至難の技だなぁと思います。

長く着用していくためにはそれなりの素材、それなりのお値段、それなりの維持費と手間がかかることは必須。

もしニットを持つのならワンシーズンで着倒すか、それなりの高価なニットにするかだなぁと感じました。

 

ワードローブは少数精鋭に。

ということでワードローブは…

24着→22着へ

そして以前の記事でニットの修繕が成功し、復活したニットがあるので… 

sumikachang.hatenablog.com

 22着→23着

となりました。

 

スッキリなワードローブになりましたが、改善点も見えたので近いうちにまた何着か増えると思います。

管理をしっかりして、いつでも素敵なお洋服が迎え入れられるようにしたいと思います。

 

いつも読んで頂きありがとうございます。

皆さまのポチっととても励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
にほんブログ村