余白時間

好きなものはカゴ、珈琲、布団。小さな暮らしにあこがれて、小さな町に小さな家を建て約10年。心軽やかにシンプルになりたい。

少ない服で暮らす〜100着以上の服を24着に減らした考え方〜

こんにちは余白時間です。

f:id:sumikachang:20190601230415j:image

先日クローゼットの整理をしました。

sumikachang.hatenablog.com

sumikachang.hatenablog.com

sumikachang.hatenablog.com

 

断捨離したり、新しく洋服を買い替えアップロードしたりで現在の手持ちの服はオールシーズンで24着です。

f:id:sumikachang:20191119125308j:image

昔は100着以上あったのですが、それから考えたらすごく減りましたね。

sumikachang.hatenablog.com

sumikachang.hatenablog.com

 

本当に少しずつ少しずつ、考えながら自分の理想のワードローブを作るために取り組んで来ました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そんなクローゼット。

100着以上あった洋服が24着までに減っていく中で感じたことをメモしたいと思います。

 

◯(私の場合)女性っぽい装いがしたくなったら、デザインの甘いものではなく、白やベージュの柔らかな色や素材の服を着よう。

→レースたっぷりとか、パステルカラーとかそういうものじゃなくても、自分が思う女性らしい格好ができるなーと感じました。

 

◯普段の生活は割と決まったものを。

→普段は仕事に行くか、家事や作業をする事がほとんど。その用途に合わせ、機能的なもの。

sumikachang.hatenablog.com

 

◯かしこまって、きちんとした格好をする機会は数少ないからその時はレンタル。その時は思い切りおしゃれしよう。

→機会があまりないからこそ、思い切ったおしゃれが出来る時!普段出来ないおしゃれや挑戦したいものはこういう時に。

sumikachang.hatenablog.com

 

 

◯洋服の良さは価格ではない。高価な物でも着ないもの、着づらいものはなんの役にも立たない。

その逆安価なものでもしっかり着ればとても良い服。

→洋服を選ぶ時は、どんな価格のお洋服でもしっかり試着して。妥協せずに選んだものはやっぱり活躍してくれるもの。

 

こちらUNIQLOのスタンドカラーブラウス。

ワードローブ管理の為にノートに自分の持っている服を書き出す時に一番先に思い出す服。

ワゴンセールで手に入れた服なのでとってもお安かったけど、すごく大好きで一番着用回数が多いのではと思います。真夏にも着てるほど。

 

◯自分の身体はやっぱりひとつしかない。洋服の量もそれに応じたものにしよう。 

→いろんなコーディネートやお洋服に目移りしそう…

でも体はたった一つだけ。

 

◯スリーシーズン使える洋服を選ぼう。好きな服をたくさん着られるし、着られない期間がないからとても合理的。

先日もスリーシーズン使える新しい服を購入しました。

sumikachang.hatenablog.com

 

そんなふうに考えていたら、100着以上の洋服が24着まで減っていました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昔はどうしてあんなに沢山の洋服に溢れていたのか?不思議なくらいです。

 

洋服が好きな方は、いざ洋服の数を減らそう!と思っても最初はなかなか数を減らすのが心苦しいと思います。私もそうでした。

洋服はお値段がするし、ボロボロでなければまだ着られてしまうし。

バッサリ断捨離してしまう方法もあるけれど、無理して断捨離するとせっかく空いたスペースに同じだけ新しいお洋服を買ってきてしまう事に…

 

少しずつ断捨離して、

◯自分はどんな洋服を着たいのか?

◯自分のライフスタイル

◯洋服にかける維持費

そんなことにも目を向けると自ずと厳選されていくのではと思います(私もまだまだです…)。

 

私は100着から24着になるまで約5年かかりました。

 

引越しや家のスペースなどの制限がないのなら、ゆっくり自分のクローゼットと向き合うのも良いのではないでしょうか。

自分の心が納得しない断捨離はリバウンドしてしまう気がするのです。

大切なのは自分の持っている洋服に関心を持ってあげることだと思います♪

 

 

いつも読んでくださり、ありがとうございます。

とても励みになります。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
にほんブログ村