余白時間

好きなものはカゴ、珈琲、布団。小さな暮らしにあこがれて、小さな町に小さな家を建て約10年。心軽やかにシンプルになりたい。

【湯シャン】シンプリスト 湯シャンに挑戦!湯シャンのやり方とコツ

こんにちは余白時間です。

 

朝晩の冷え込み、そして乾燥するようになってきて少しずつ冬が近づいてきていますね。

 

寒くなってきたら挑戦したいなあと思っていたことがあり、先日からトライしています。

 

湯シャンに挑戦!

f:id:sumikachang:20191117010341j:image

湯シャンってご存知でしょうか?海外ではノープー(ノーシャンプー)と呼ばれ、モデルさんや芸能人の方々にも実践者が多いそうです。

 

f:id:sumikachang:20191117010358j:image

読んで字の如く、

お湯で洗髪をする

とてもシンプルな方法です。

 

実は今まで何度かやってみたことがありますが、いずれも失敗してきました(汗)

どうもその時のやり方が違っていたのと、コツがあるようです。

 

湯シャン挑戦の期間とルール

今回は久々の湯シャンの挑戦。

以前の失敗の経験も踏まえて、期間とルールを設けます。

期間:

1週間

 

ルール:

①髪の毛のベタつきが見た目にも気になったらシャンプーでリセット。

②トリートメントやリンスはしない。

③アウトバストリートメントやヘアスタイリング剤はつかわない。

 

①については仕事や外に出ることが無ければそのまま続けるのですが、仕事内容に調理があったり、ホール業務で接客がある時があるので設定しておきます。

 

私の髪の毛のスペック

超猫っ毛

細い髪

超直毛

カラーなし(地毛は明るい茶色)

毛先だけパーマあり

ショートヘア

となります。

 

湯シャンのやり方とコツ

以前湯シャンに挑戦した時は

バスタイム前にブラッシング

②お風呂にてシャワーで髪を洗う

③シャワーで流しながらバス用コームで髪をとく

④良く流したらおしまい

という手順で行っていました。

この方法だと湯シャンした次の日は一日大丈夫なのですが、その次の日はベタベタ…。何度か挑戦したもののダメで断念しました。

 

その後調べたところ

バスタイム前にブラッシング

f:id:sumikachang:20191117024835j:image

②お風呂にてシャワーで髪と頭皮を指の腹で洗っていく。

f:id:sumikachang:20191117024847j:image

この時

耳の後ろ周辺のエリア

頭のてっぺんから襟足のライン

f:id:sumikachang:20191117024306j:image

には皮脂腺があるので、他の場所より念入りに丁寧に洗う事が大切になってくるそうです。

 

③湯シャンの時間は3分以上。

 

④お湯の温度は37度がベスト。

f:id:sumikachang:20191117024818j:image

汚れを落としたい時は高めの温度が良いが、湯温が高いと頭皮の乾燥につながるのでなるべく低めに。→ただし湯シャンを始めたばかりの時は髪がベタつきやすかったり、冬など寒くて湯温が低いと風邪をひいてしまうので、自分の熱すぎないと思う適温でokのようです。

 

⑥湯シャンを始めたばかりの時は、髪や頭皮がベタつきやすくなる。

f:id:sumikachang:20191117030629j:image

気になったらシャンプーでリセットするのも可。ただし2日に一度、3日に一度などといった感じで毎日シャンプーするのがないように、なるべくシャンプーの間隔をあけていくことが大切なようです。

 

どうして湯シャンしたいのか?

まず湯シャンしたら自分の髪がどのような状態になるのか?見てみたいという興味の部分が大きいです。

f:id:sumikachang:20191117030355j:image

それと肌断食を経験してから、人間の体っていうのは外部から何かの成分を補足しなくても自分の力で良くなろうとする力があるのだなぁということを強く実感したので、スキンケアやシャンプー、ボディソープなどといったものの使い方にも関心が出ました。

 

 

sumikachang.hatenablog.com

sumikachang.hatenablog.com

sumikachang.hatenablog.com

sumikachang.hatenablog.com

sumikachang.hatenablog.com

sumikachang.hatenablog.com

 

肌断食でこれだけスキンケアがシンプルになったのだから、湯シャンもしたい!というのは私にとっては当たり前の流れでした。

昨年からは髪が傷むのが気になり、ヘアカラーをするのをやめて自分の地毛の色を楽しむようになりました。

ヘアカラーをやめたら野暮ったい印象になるかなぁ…と不安だったけれど、やめてみたらなんの問題もなくむしろメリットだらけでした。

肌断食同様にヘアケアもシンプルケアに移行して、本当の意味でブラッシングなどの丁寧なケアを髪にしてあげたいなぁと思ったのです。

 

 

次回は湯シャンを1週間実践した様子を書いてみたいと思います。

 

いつも読んで頂きありがとうございます。

皆さまのポチっととても励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
にほんブログ村