余白時間

好きなものはカゴ、珈琲、布団。小さな暮らしにあこがれて、小さな町に小さな家を建て約10年。心軽やかにシンプルになりたい。

【食費節約】お弁当からパーティーまで華やかに! イタリアマンマの味 フリッタータ

こんにちは余白時間です。

 

皆さんはフリッタータをご存知ですか?

 

友だちとイタリアンにランチに行った時に出て来て、とっても美味しくて感動して、それからよく作るようになりました。

f:id:sumikachang:20191015223340j:image

簡単に言うとイタリアのオムレツです。家庭料理ですね♪

 

自宅で作るときは冷蔵庫にある適当な野菜やベーコンの端っことか、本当に適当に入れてしまいます♪

 

フリッタータの基本の材料は

f:id:sumikachang:20191015223403j:image

卵、(牛乳)、塩、コショウ

+具材

これだけです。

 

我が家のフリッタータをご紹介♪

ズッキーニのフリッタータ

f:id:sumikachang:20190919015839j:image

オーブンで焼いたように見えますが、フライパン調理オンリーです。
f:id:sumikachang:20190919015853j:image

 

トマトのフリッタータ
f:id:sumikachang:20190919015856j:image

夏のミニトマトは本当に美味しくて、沢山入れました。トマトの赤が見た目にも鮮やか。
f:id:sumikachang:20190919015842j:image

 

ズッキーニとチーズのフリッタータ
f:id:sumikachang:20190919015836j:image

大きいフライパンで作るのも良いのですが、最近は小さなサイズのフライパンで卵や具材の量も少なく小さなサイズのフリッタータを作るようになりました。

これだと気負わずささっと作れるし、子どもがお弁当に持っていくのにちょうど良いサイズ。

 

かぼちゃとチーズのフリッタータ
f:id:sumikachang:20190919015846j:image
f:id:sumikachang:20190919015849j:image

かぼちゃはもともとソテーしておいた常備菜

美味しそうだなあと思って、フリッタータにしました。

 

我が家のフリッタータの作り方

材料 (  直径14〜20㎝くらいのフライパンで焼く想定で)→今回は14㎝のフライパンを使用

◯卵 4〜5個(室温に戻してあるとなお良い)

◯塩 適量

◯コショウ 少々

◯牛乳適量

牛乳の量が多めだとふんわり柔らかくなりますが、約時間など調整が必要になります。

◯具材 お好みのもの

(具材が多すぎると生焼けになったり、生地をひっくり返す時に大変だったりします)

 

卵焼きを作る感覚で、分量も適当にやっても大丈夫。使うフライパンの大きさで分量を変えれば良いと思います。

 

 

今回は具材にズッキーニを使ったフリッタータを作って見ようと思います。

 

材料

f:id:sumikachang:20191015215403j:image

ザ、シンプル!

卵と牛乳が基本!そこに家にある具材でOK!

 

作り方

◯具材を適当な厚さにカットする。

f:id:sumikachang:20191015215430j:image

 

今回は具材がシンプルなので、隠し味にカレー粉。

f:id:sumikachang:20191015215502j:image

◯フライパンで炒める&塩コショウなど好みの味付けをする。

f:id:sumikachang:20191015215520j:image

◯しんなりとしてきたら、火を止めて置いておく。

f:id:sumikachang:20191015215531j:image

 

◯ボウルに塩コショウ、牛乳を加え泡立て器でよく混ぜる。

f:id:sumikachang:20191015220103j:image

f:id:sumikachang:20191015220116j:image

塩の粒が消えるように、泡立て器でしっかり泡立てます。

f:id:sumikachang:20191015220129j:image

◯↑に卵を割り入れる。泡立て器でしっかり混ぜる。

f:id:sumikachang:20191015215549j:image

よく混ぜるのがポイント。

f:id:sumikachang:20191015220842j:image

炒めた具材を卵液に入れてもOKですが、私は卵をふわふわにしたいので卵液のまま次の工程へ。

(本来フリッタータはオーブンで焼き上げるのですが、私の作るフリッタータはフライパン仕上げなので、火の通りなど考えこの方法にしました)

 

◯フライパンをよく熱し、少し多めの油を敷く。

f:id:sumikachang:20191015215626j:image

f:id:sumikachang:20191015215637j:image

f:id:sumikachang:20191015215648j:image

◯熱々のフライパンに生地を流し込みながら、菜箸などで円を描くように大きく混ぜる。

生地を流し込む最初は火加減は強火です。あとは生地の様子を見て調整して下さい

f:id:sumikachang:20191015215704j:image

◯卵がスクランブルエッグのように固まってきたら

f:id:sumikachang:20191015215727j:image

◯炒めておいた具材を入れます。

f:id:sumikachang:20191015215739j:image

◯しばらくして片面の生地が焼けて来たら、火を一度止める。

f:id:sumikachang:20191015215756j:image

◯生地の天地をひっくり返す。

まな板や大皿、鍋の蓋を使うとやりやすいです。

f:id:sumikachang:20191015215812j:image

◯ひっくり返した生地をフライパンに戻す。

f:id:sumikachang:20191015215829j:image

スライドしてフライパンに戻す感じ。

f:id:sumikachang:20191015215834j:image

天地を返すには↑のようにひっくり返して戻す方法と、フライパンからそのまま大きな皿などに生地を出して焼けてない面にフライパンをかぶせて戻すのと2パターン出来ます。

テフロン加工のフライパンで滑りが良いものだと後者のやり方もok!

私はやり慣れた前者のひっくり返しの方でやってます。

 

◯火加減を調整しながら焼く。

f:id:sumikachang:20191015215846j:image

◯火を止めてしばらく余熱で置いておく。

 

出来上がり♪

f:id:sumikachang:20191015215904j:image

うん、ふっくら出来ました♪焼き目もいい感じ。

 

断面ーー。

f:id:sumikachang:20191015215922j:image

具材が赤い食材(トマトとか、ベーコンとか、パプリカ)が入るともっと華やかになります。

チーズを入れても美味。

 

フリッタータはこんな時にオススメ♪

カットする時はピース状で切っても良いし、四角にカットしても◎ですよ。

f:id:sumikachang:20191015220002j:image

たくさん並べて運動会のお弁当に入れたり、一台まるごとを持ち寄りパーティーに持って行ったり。

普段のお弁当やお酒のおつまみにもオススメです!

 

簡単に出来るのに、見た目が華やかなご馳走になるフリッタータ!

ぜひお試し下さい♪

 

いつも読んで下さりありがとうございます。

とても励みになります。

にほんブログ村 料理ブログ 節約料理へ
にほんブログ村