余白時間

好きなものはカゴ、珈琲、布団。小さな暮らしにあこがれて、小さな町に小さな家を建て約10年。心軽やかにシンプルになりたい。

大好きな洋服だけのクローゼット 服を買わないチャレンジ 3ヶ月間 終了

こんにちは余白時間です。

f:id:sumikachang:20190914041636j:image

 6月からチャレンジしている服を買わないチャレンジ。

sumikachang.hatenablog.com

 9月13日にチャレンジはゴールを迎えました。

 

服を買わなくても全然大丈夫だった

…とこれを書いた9月16日に「あれ?13日ってなんかあったよな?あっそうだった!」と思い出したくらい(汗)

チャレンジとはいうものの、期間中に

我慢してるぞー

辛いぞー

イライラするぞー

みたいな事は自分でも驚くほど一切なく、困ることが全くありませんでした。

 

買わないからと言ってファッションに関心がないわけでもショップに全く行かなかったわけではなく、普通に洋服を見に行ったり、SNSなどでファッションに関する情報も見聞きもしていました。

 

それでも最初から服を買わないチャレンジをしているというのがあるので

見るだけ〜

と実際に買うことなく、なんだか安堵した気持ちも。

 

今までなんとなく服を買わないといけないと思っていた

f:id:sumikachang:20190914041844j:image

今までだったらショップで可愛いお洋服を見つけたり、SNSなどでファッションの情報を見たりすると謎の

「あ、服買わなきゃーーーー!」

という不安にも似た気持ちになってしまっていたのですが、今回はそもそも買わないと決めているのでその気持ちも出てきませんでした。

可愛い服を見つけたり、情報に触れてもどこか他人事とでもいうのでしょうか。

 

不思議ですよね、自由に制限がない時は買わなきゃ…と不安になったり焦ったりするのに。制限がある時の方が冷静になれて、安心感まであるなんて。

f:id:sumikachang:20190916032246j:image

多分今まではなんとなく服は買わないといけないものと思い込んでいたのではないかなと。

別に法律で服を買わないといけないとか言われているわけでもないのに(笑)、春になれば春物、夏は夏物、秋は…以下略。

 

別に服買わなきゃいけないことなんてないな

ってごくごく当たり前の事に気付きました。

 

自分が持ってる服も十分良かった

服を買わなきゃいけないーー!

と思う時って、自分のワードローブに何かが足りないなぁと思う時だと思うんです。

しかし服を買わないチャレンジを始めると当たり前だけど、自分が持っているワードローブだけを着回すことになります。

 

そしたら今までより、自分のワードローブと向き合う時間が増えます。着る機会もお洗濯を含めお手入れの時間も。やはり着てなんぼ、触ってなんぼ、1着1着に愛着が湧いてきました。

あー自分が持っている洋服達も十分良い服だなぁ…って。

 

そうすると痛感したんです。

◯好きな服は好き

◯可愛い服でも着ない服は着ない、着ない服にはちゃんと理由がある(サイズ感や着心地、素材)

◯服は自分のテンションを上げてくれるもの

◯服は消耗品

 

ワードローブの中で繰り返し繰り返し着る服は、間違いなく一軍の服です。劣化してボロボロになったらまた同じものを買いたい!私のワードローブの中にもそんな服が何着かありました。

これからはワードローブをそういう服だけにしたいです。

 

それでも洋服は大好き

服を買わないチャレンジをしてもう一つわかった大きなこと。

それは服が好きということ。

見ていたらときめくし、着用すればもっとうれしい。

だからこそ、真剣に選びたいと思いました。

 

個人的にはハイブランドの洋服や装飾の施された洋服は、例えるなら美術館にある作品のような感覚です。

私が所持していなくても、作品として見ているだけで満足です。

その他の洋服もアレコレたくさんはもう必要がないから少数精鋭で大丈夫。

これまで本当に沢山の服を買って、タンスの肥やしにしてみたり、すぐに手放してしまったり、無駄にしてしまったり…

本当にもったいないことをしてきたと痛感しました。

だからこそこれから買う服は流行や周りの目などは気にしない、本当に自分が好きな服にしようと思います。

 

いつも読んで下さり、本当にありがとうございます。

とても励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
にほんブログ村