余白時間

好きなものはカゴ、珈琲、布団。小さな暮らしにあこがれて、小さな町に小さな家を建て約10年。心軽やかにシンプルになりたい。

【プチ旅行 】子どもと楽しむユニバーサルデザインなお出かけ

こんにちは余白時間です。

 

もうすぐ長かった夏休みも終わりますね。

お盆は仕事に、断捨離に勤しんでいたのでずっと通常運転中です。

 

実はそんなお盆中に、一日だけ夏休みらしいことをしてきました。

 

プチ温泉旅行してきました。

 

我が家の下の子は障害があるため、いつもは施設入所しており、お盆期間中に一泊自宅に帰省していました。

おうちでのんびりも良いけど、やっぱりどこかお出かけしたいなぁ。夏らしいことしたいなぁと。

 

先ほども書いた通り障害があるために、外出先やそこで出来ることなどなど、健常なお子さんと違い、さまざまな制約や配慮が必要になります。

 

ただし、配慮が必要な人のために考えたお出かけのプランは、健常な人にとっても余裕のある無理のないプランになるため結果的にみんなが楽しめるものになると思います。

 

現在下の子は実年齢は中学生となり、幼かった時より少しだけ外出が楽になってきました。

 

外出先の外食なども待ち時間が多少あっても待てるようになったり、

音や環境の変化に少しずつ過敏にならなくなったり。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そんな夏のお出かけに選んだのは

かんぽの宿栃木喜連川温泉

f:id:sumikachang:20190824141540j:image

f:id:sumikachang:20190824141552j:image

https://www.kanponoyado.japanpost.jp/sm/kitsuregawa/

私1人で連れていくので、貸切温泉にしました。

f:id:sumikachang:20190824141604j:image

多少割高にはなりますが、周りに気を使わずに気持ち的にのんびり出来るのでいつもそうしています。

 

f:id:sumikachang:20190824133649j:image

こちらの喜連川温泉は日本三大美肌の湯と言われている泉質の良い温泉です。

f:id:sumikachang:20190824134207j:image

こちらの貸切温泉は内湯と露天の2つの温泉が楽しめるのです♪

 

まずは内湯

f:id:sumikachang:20190824135618j:image

(このとびら先右側には露天風呂があります。)


f:id:sumikachang:20190824135621j:image

洗い場は広々と2つ。風呂椅子も様々な種類が用意されています。とても清潔感がありました。


f:id:sumikachang:20190824135613j:image

泉質のよい温泉をまるごと貸し切りで楽しめる贅沢な時間。
f:id:sumikachang:20190824135628j:image

お湯が良いのって、それだけで贅沢なのです。

入っているとお肌がツルツルしてきます。

お湯の感じは熱すぎず、ぬるすぎず。

感触は少しさっぱりしているけれど、それでいて湯が身体にしみてくる…

入っていてとても心地よい温泉でした。

 

貸切温泉にしては割と大きめの浴槽なので、三世代とかで入ってもゆったり楽しめそう!
f:id:sumikachang:20190824135609j:image

 

外湯

f:id:sumikachang:20190824135716j:image
f:id:sumikachang:20190824135719j:image

小さいながら、とっても開放感があって気持ち良かったです♪

のんびり湯に浸かっていると蝉の鳴き声や爽やかな風ががどこからか吹いて…

あー夏休みしてるなぁとなんとも言えない幸せな気持ちに満たされます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私たち家族のようにハンディキャップのある方でもゆっくり出来るような設備が整っており嬉しかったです。

f:id:sumikachang:20190824135416j:image
f:id:sumikachang:20190824135419j:image

 

f:id:sumikachang:20190824134334j:image

こちらなかなか見ない場所かと思います。

天井にあるお身体の不自由な方を温泉まで誘導出来る、リフトのレーンです。

脱衣所から浴場までレーンが引いてあり、リフトのまま温泉に入れるようになっていました。

 

今までいろんな貸切温泉に行きましたが、このお値段でここまでしっかりした設備が整っていて、なおかつお湯の泉質も抜群なところはありませんでした!

 

なんといっても温泉の命は泉質!

ありがたかった、幸せでしたーー。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:sumikachang:20190824134601j:image

郵便局のお宿だから、郵便の車やバイクがちょこちょこやってきます。

車好きなお子さんだと嬉しいかも♪

 

お客さんもそんなに混雑しておらず、我が家にはありがたい素晴らしい穴場!リピート決定です!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

続いてお昼ごはんを食べに

道の駅ましこへ

f:id:sumikachang:20190824141908j:image

http://m-mashiko.com/

f:id:sumikachang:20190824134656j:image
f:id:sumikachang:20190824134653j:image

お目当てのレストランはこちら。

f:id:sumikachang:20190824142120j:image

f:id:sumikachang:20190824142139j:image

息子は大好物のうどんを食べるのが目的♪前の日からとても楽しみにしていました。

f:id:sumikachang:20190824141947j:image

他にも美味しそうなものがいっぱい〜。
f:id:sumikachang:20190824141943j:image

しかし、道の駅近くでイベントが開催されておりレストランの待ち時間がすごく長かったのです(汗)

 

店内も人の混雑がすごくて、正直言ってうちの子パニックにならないかなー…

席が空くの待てるかなーと内心はヒヤヒヤ…

 

でも息子はしっかり待合席で待つことが出来ました。時間にして40分くらい。

今までで最長、っていうか健常な人だって40分は長いと思うはず。

息子成長したなぁ。すごいなぁ。

神さまありがとう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

やっと案内していただき^_^
席からはこんな開放感のある見晴らしが。
f:id:sumikachang:20190824134919j:image

お待ちかねの食事タイム!
f:id:sumikachang:20190824134915j:image

f:id:sumikachang:20190824134912j:image

母はローストポーク丼。お肉しっとりで美味しかった〜。
f:id:sumikachang:20190824134902j:image

息子のマイ箸。こぼしたり汚したりせずに、だいぶ上手に食事が出来るようになりました。

補助箸ではありますが、フォークやスプーンを使って食べていた時と違って箸で食べると食べやすそうだし、楽しそう!


f:id:sumikachang:20190824134923j:image

もう1つのお目当てのソフトクリーム。外で食べようと予定していましたが、レストランが心地よかったので、このままデザートとして室内でゆっくり頂きました。

ゆっくり美味しいものを頂けるのって、本当にありがたい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お手洗いはこちら。

f:id:sumikachang:20190824142703j:image

我が家のお出かけは障害者用トイレが必須!

障害者用トイレがあったとしてもすごく狭かったり、床が汚くて介助するのが(着替とか)苦労したり…

こちらのトイレは大丈夫でしたー!

トイレの向きの関係で車椅子の方は少しだけ取り回しが大変かもしれません。

 

 

トイレのとなり自動販売機コーナーに。
f:id:sumikachang:20190824142706j:image

 

駐車場から割と広くスペースを取られた建物の設計になっており、小さなお子様、ペット連れ、車椅子の方など余裕のある動きが出来る素晴らしい道の駅だと思いました。

 

今回は割と混雑した時間帯で人もたくさん、駐車場もなかなか停められないくらいでしたが、外のスペースは人でごった返し…ということはなかったです。

 

ただ外のスペースは座る場所が少な目。

 

裏にテラスやちょっとひらけた場所があるので、開放感はたっぷりあります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

とても充実したプチ旅行になりました♪

 

楽しかったからまた一緒にお出かけして、豊かな時間を少しでも多く息子と過ごしたいなぁと思っています。

そのためのシンプルライフ

 

心も身体もリフレッシュ。

 

いつも読んで下さり、本当にありがとうございます。

とても励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
にほんブログ村