余白時間

好きなものはカゴ、珈琲、布団。小さな暮らしにあこがれて、小さな町に小さな家を建て約10年。心軽やかにシンプルになりたい。

携帯を新規契約しました。 ~子どものスマホ、たっぷり時間をかけて安心、安全に決めよう!~

子どもがだいぶ大きくなったので、ずっと考えていたスマホを持たせることになりました。

f:id:sumikachang:20160425215545j:image

部活動などの連絡のやり取りなど、周りの子はほとんど個人間で連絡を取り合っていて、我が家もいよいよ必要になったのです。

…だからといってすぐ簡単に決めてしまうのは嫌だったので、時間をかけて子どもと話し合いをしてきました。だいたい1年以上です。

 実際に契約をするまでにやったことは

スマホを持つ楽しさ、メリットは沢山あるが、トラブルやリスクがあることをしっかり聞かせ、子どもにイメージさせる。

②実際にショップに一緒に連れていき、見積書を見させる。

③一か所だけで決めずに何店舗かまわり、見積書を取る。

スマホは親が支払い・手続きをしないと持てないものであり、大切に使うのはもちろん、しっかり約束を守って使用すること。

 

①についてですが、子どもの友人がすでにスマホでのトラブル(LINEグループなど)を抱えていて、その話を聞いていたためすぐ納得していました。

またニュースなどでスマホなどの話題が出た時、折に触れ親子で話をしていたので便利なものだけど、簡単に危ないことにつながる危険性があるということはよくわかっていたようでした。

まだ子どもですので、これからも注意してみていけたらと思います。

 

②「スマホ早く用意してよ~!!」と待ちきれない子どもが毎日のように言ってくるのですが、ここで一つ疑問が・・・

スマホが幾らで、通話料金がどのくらいかかるのか子どもは知っているのか?」と。

なので最寄りのauショップに一緒に連れていき、見積もりを取りいろいろな説明を子どもにも聞いてもらいました。

それをみて子どもはなんだかショックを受けたような顔していました。

「これがすぐ簡単に払えると思う?」と尋ねたら「無理・・・。」と答えが返ってきました。

 

③②でショップに行った時、大体の説明はしてくれたのですが、本当にざっくりで料金プランもショップの方が「大体皆さんこれですので・・・」みたいな感じで詳細なプランまで聞くことが出来なかったので、後日何店舗かいってみました。

auショップだけでなく、電気屋さん(ノジマ、ヤマダ、K'Sなど)もまわりました。

ちなみに同じ機種、プランで見積もりを取った違いです(一例)。

auショップ:月々 約7,000円(アップルケア含む)

○A電気:月々 約6,100円(アップルケア含まず)

○B電気:月々 約5,400円(アップルケア含まず)

こんなに違いがあってびっくり。料金だけでなくて、本体代金が安く済んだり、補償のお金を一括で払わなくてはならなかったりと各店舗で様々な違いがあるので要注意でした。

何店舗かまわったおかげで、月々約6,000円でアップルケアも含んで契約することが出来ました。やったー!!!

 

④子どもは自分のスマホが手に入りとても嬉しそうです。ちょっとテーブルからどかそうとすれば「ちょっと!!さわんないでよ!!」と激しい一言・・・。

気持ちはわかるのですが、アルバイトもしていない、親に全部お金や手続きをしてもらってスマホを持てているんだということをもう一度話しました(あんまりそういうこと言いたくないですけど)。

本来ならスマホは高価なもので自分でお金を貯めたり、働いて手に入れるものです。当たり前のように使用してもらったらそれは違うと思う(とうちの家庭では思う)ので、最初にしっかり話しました。

○自分の部屋には持ち込まない。

○ゲームアプリ、SNS(LINEはokにしました)アプリはダウンロードしない約束にしました。

 

決定したスマホの機種はアイフォン6sの64Gです。

契約の時に年齢を登録したのですが、子どもがアプリなどを購入しようとすると親にメールが届き、親が了承しないと購入できない仕組みのようです。

もちろんフィルターをかけて、安全対策も!

とても便利なスマホ

今回子どものスマホのことを考えていて、大人ももう一度改めて無駄がないか?プランなど見直しをしようと思いました。

親子で沢山話し合って、考えて無事に決められたので良かったです♪お互いが納得して、安心して使えるので時間をかけて本当に良かったなと思いました。