余白時間

好きなものはカゴ、珈琲、布団。小さな暮らしにあこがれて、小さな町に小さな家を建て約10年。心軽やかにシンプルになりたい。

ハレとケはレンタルで!

みなさんは虫の知らせを経験した事がありますか?

 

虫の知らせとはちょっと違うかもしれませんが、私の場合フォーマル購入を検討するとお葬式が出ます。(縁起が悪いことですみません)
 
一番初めは20代前半の時。社会人としてきちんとしたフォーマルを1着用意しよう!と母や祖母とあーでもない、こーでもないといいながら検討していた時。
「さー買うぞ〜」となっていた矢先、お葬式が出ました。その年はなんと3つ。いずれも身内や自分の近い方でした。
 
次は子どもを出産した後。今度は家庭をもちきちんとした大人としてフォーマルを用意しましょう!ということでまたまた検討を開始…またまたお葬式が。
 
大好きな方がなくなりかなりショックで、しばらくはフォーマル購入は見送ろう!ということになりました。
 
でもフォーマルって大人になると、やっぱり必要なんです。
 
特に喪の場合は深い黒でなければ失礼にあたります(田舎ならなおさらフォーマルには厳しいです)。
高級なので何着も購入できる訳はなく、何パターンか切られて、春でも冬でも対応でき、長く着られて…と考えなくてはなりません。
 
それで検討を開始…。するとまた。
 
気にしすぎ…と思う方もいらっしゃるかと思いますが、割と、そのそういうのが当たっちゃう方なのです。
 
だいたいフォーマル購入を気にし始めた時は、割とそのすぐ後にそういう話があります。
 
今の時期は子どもの卒入学があり、これを機に一式揃えるか!と思ったのですが、やめときます。
 
ではフォーマルを持っていない私はどうしているか?
答えはレンタルです。
 
先ほども書きましたが、特に喪の場合は深い黒でなければ失礼にあたります。
若い方は普通の黒で良いのかもしれませんが、40近い私の年齢ではやはりTPOやルールはしっかり守りたいもの。
 
だけど自分で全部揃えると結構な金額になるし、お手入れにもお金がかかるし、年齢や体型に合わせてベストなものはやはり変わります。
 
ならその時にベストなものをレンタルで一式借りた方が手間もお手入れも、保管もなく便利だと気付いたのです。
 
今のレンタルは良くできていて、急な不幸があってもだいたい次の日には自宅や指定先に届き、使用後は最寄りのコンビニで返却できます。
 
レンタルが届くまでは、自宅にある黒いパンツとジャケット、タートルのインナーで挨拶に伺い、お通夜と告別式はレンタルの衣装を着て伺います。
 
○パンスト
○靴
○アクセサリー(黒か白か選べる)
○バッグ
○オプションで保険もつけられます
 
これだけセットになっていて5,000円くらい。クリーニングに出す手間もありません!
 
私はこちらで大助かりです。
 
自分での準備が必要ない分、ゆっくりとお別れの時間を過ごす事が出来ます。
 
そして母がこう言ったのです。
「悲しい時の洋服も大事だけど、どうせお金を払うのならまだ若いのだから楽しい時の洋服に使いなさいね」と。
 
その通りだなぁと思いました。
 
ちなみに喪の逆、お祝いの席でもレンタルを利用しています!
 
以前結婚式で黒留袖をレンタル。華やかな柄が入っていて大満足。一切自分で準備がなかったのでとても楽だし、お祝いする事だけに集中出来たので結婚式の1日が朝から楽しかったです!
 
着付けの方も「分かりやすく、着付けの順番どおりに綺麗に収納されていてやりやすいわー!」と大絶賛でした。
 
ハレの日、ケの日を大切に過ごせるように、うまくサービスを使っていきたいと思います。
 
素敵なフォーマルを手に入れるのは、もう少し先でも大丈夫。
 
追記:この記事を下書きしていたのが先週。この後すぐ訃報が入りました。何度経験しても悲しいです…。色々な事情がありレンタルが間に合わず、近くの量販店で手頃なフォーマルを購入しました。
また後日、詳しく記事にしたいと思います。